FC2ブログ

私の台湾生活 in大園

台湾生活、台湾育児、趣味のことなど

2018嘉義旅行 その7 

『2018嘉義旅行 その6』 の続きです。


ご飯をしっかり食べた後は、南投へ移動。
目的地は、『集集香蕉觀光工廠』!!
2016年10月にオープンした新しいバナナのテーマパークです^^


s-IMAG3270.jpg
↑入り口。


チケット販売所がありますが、今のところはチケット購入不要。無料で入ることができますよ。


s-IMAG3271.jpg
↑園内マップ。


入り口には園内マップがあります。
なかなか広い敷地内にものすごい種類のバナナが植えられています!!


s-IMAG3272.jpg
↑下へ向かうとバナナ園。


写真右に見えている建物は工場。
ここで加工食品などが作られています。
下に降りていくと散歩コースになっていて、たくさんのバナナを観賞することができます。


s-IMAG3273.jpg
↑工場見学入り口。


写真の建物では、バナナに関する情報がいろいろと紹介されています。


s-IMAG3276.jpg
↑遊びながらバナナのことを学べます。


s-IMAG3277.jpg
↑パネルによるバナナの情報。


バナナは栄養価が高く、体にいいことが科学的に実証されています。
また、台湾では1年中バナナが収穫できますが、収穫時期によって味や食感に差があることなどが紹介されていて、ここでもまた少し勉強になりました。


s-IMAG3278.jpg
↑奥にはカフェや売店があります。


奥のカフェではゆっくりとお茶をしたり、食事ができるようになっています。
メニューの中にもバナナを使ったものが多く、いろいろと試してみたくなります^^
ちなみに私たちは「バナナ酢」を注文してみました!
バナナの甘さと酢の酸っぱさがなんとも言えない味ですが、さっぱりしていて飲みやすかったです。


s-IMAG3279.jpg
↑左が「山バナナ」、右が「リンゴバナナ」。


売店にはここで収穫されたバナナが並んでいます。
バナナにもこんなにたくさんの種類があるのか!と驚くほど!!
写真左は「山バナナ」。普通に市場に出回っているものはほとんどが「平地バナナ」と言うことで、やはり「山バナナ」の方が実がしっかりしていておいしい!!
しかも、「山バナナ」は外の皮に黒い斑点が出てきても、中は「平地バナナ」のように柔らかくなっておらず、まだまだしっかりした実のままで、保存期間もかなり長いのでそれもうれしいところです。
値段は、当然「平地バナナ」よりは高くなりますが、買って2日ほどでジュクジュクになってしまうものよりは2週間たってもしっかりしたままの「山バナナ」の方がいいような気がします。好みですが・・・
「リンゴバナナ」はリンゴの香りがするバナナです。


s-IMAG3280.jpg
↑左が「旦蕉」、右が「玫瑰蕉」。


他にも珍しいバナナが販売されていました。
この日は「旦蕉」と「玫瑰蕉」。
「旦蕉」はたまに市場で見かけることができますが、かなり高いバナナです。
食感は「芭蕉」に似ていますが、私にはあまりその違いがよくわかりません^^;
「玫瑰蕉」というものもありましたが、一体どういうものなのか??もしかするとバラの香りがするのかもしれません?


他にも事前に電話で聞くと、その日に収穫できそうな変わったバナナを購入することができるそうです。
私たちは「山バナナ」を2房と「リンゴバナナ」を1本購入。
その後どちらも食べましたが、「山バナナ」は2週間たってもまだジュクジュクにならず、しっかりしたバナナのままでとてもおいしくいただけました!!
「リンゴバナナ」は食べたことがなかったので、味見程度で1本買ってみましたが、確かにほのかにリンゴの香りがするバナナで不思議な感じでした^^


s-IMAG3283.jpg
↑「蛤蜊蕉」!!


今度は外に出て、たくさんのバナナを観賞することに。
写真の「蛤蜊蕉」は、バナナがすべてくっついていてあさりのようにくっついていることからその名前が付いているようです。
食べる際は、ナイフで一つずつ切り離して食べるそうですよ。


s-IMAG3284.jpg
↑観賞用「バナナ」の一種。


バナナと一口で言っても、食用から観賞用まであるなんて全然知りませんでした^^;
写真の「バナナ」はインドに生息している観賞用「バナナ」。
綺麗なピンク色の花が特徴です。


s-IMAG3289.jpg
↑爆竹みたいな観賞用「バナナ」。


写真の観賞用「バナナ」は特に変わっていたもの。
爆竹のような花を咲かせる「バナナ」で、とてもきれいな花を咲かせていました!


この他にもたくさんの「バナナ」が所狭しと植えられていて、「バナナ」って本当にたくさんの種類があるんだな~と初めて知ることにわくわくしていました^^


ずっと気になって行ってみたかった『集集香蕉觀光工廠』に行くことができ、また、まさかこんなに「バナナ」のことが勉強できるなんて思ってもいなかったので、とても楽しい場所で大満足です!!
また、カフェ脇には小さな子供が遊べる場所も設置されていて、家族連れでゆっくり観光できるのもうれしいところです。
いずれ無料ではなくなるのかな?とも思いますが、今のところは無料なので今のうちに行ってみるのもいいと思います。


そして、この後は家族が大好きな『漾之谷溫泉別莊』で温泉にゆっくり入って夜遅くに帰宅しました^^
1泊2日でしたが、とてもとても楽しい家族旅行になりました!!
そして、家族一緒の思い出がまた一つ増えて、らんらんときょきょも大喜びです^^


長い間にわたって旅行記にお付き合いくださり、ありがとうございました!!




『集集香蕉觀光工廠』
住所:552南投縣集集鎮大坪巷38號號
電話:04 9276 4562
営業時間:9:00~17:00
駐車場(舗装されていません)、トイレともに完備されています。





スポンサーサイト
( 2018/02/27 10:37 ) Category 家族旅行 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ろんろん*

Author:ろんろん*
こんにちは、ろんろん*です。台湾に来て15年が経ちました。台北から桃園大園へ引越して、台湾人の優しいだんな様、元気で明るい長女(10歳)ととっても気の強い次女(7歳)の娘たちと一緒に暮しています。周りは田んぼや畑ばかりの場所で、台湾生活を楽しんでいます。

ありがとうございます!